居心地の良い空間演出 内装材  床編2

春はまだかと思っていたら、あっという間に夏が近づいてきているような
今日この頃皆様いかがお過ごしでしょうか?気温が高くなるにつれて
外に出るのが嫌になるのは私だけでしょうか?
今回も前回に続き無垢材フローリングの情報提供です。

今回は、パイン材です。

パイン材は日本語でいうと松の木のこと。柔らかな木目と材質を持ち
加工しやすく、建材だけではなく家具などにもよく利用され
北欧産のシルバーパイン(欧州赤松)が有名です。

等間隔に並ぶ節と、白味と赤味が混在するナチュラルさが魅力の北欧の赤松で
「レッドウッド」とも呼ばれます。清潔感あふれる材面は年月を経て飴色に変化し
マツ特有の美しさを味わうことができます。
針葉樹ならではの柔らかさが、素足にぬくもりと心地よさを伝えます。

足触りの良い床材は、これからの暑い季節にわずかかもしれませんが
役に立つかもしれませんね。

次回もお楽しみに。


札幌で中古住宅+リノベーション、住宅ローン、住み替え、二世帯住宅、店舗付住宅、リノベーションに適した物件の事ならアクシエイズム