居心地の良い空間演出 内装材  床編3

日差しが強くなる今日この頃。
日差しは遮りたいが室内は明るい空間で過ごしたい。
こんなわがままなことを考えるのは、私だけでしょうか?
室内で壁面と同じくらい広い面積を持つ床は
部屋の明るさに大きな影響を与えます。
今回は、メープル材の情報提供です。

メープルは北米では、古くから家具に使用されてきました。
特に鳥目杢(小さな渦巻き模様)があるものは
バーズアイメープルと呼ばれ、珍重されてきました。
磨耗性も強いことから、ダンスフロアーの床などにも使用されています。
材質は堅く、明るい色合いの中にも
優しい木目ときらきらと光る杢、自然な色むらが生える材です。

 

日本名はイタヤカエデ。
爽やかでクリーミィな色調が人気のメープルは、縮れ杢模様も見られ
光のあたり方で変化する絹のような光沢と変化に富んだ木目が大きな魅力です。
また、和室の造作材として敷居に使われることもあるように
材はきめ細かで磨耗に強く、堅さがあります。

床材をうまく利用して、快適な空間づくりを楽しみましょう。


札幌で中古住宅+リノベーション、住宅ローン、住み替え、二世帯住宅、店舗付住宅、リノベーションに適した物件の事ならアクシエイズム