リノベーションお客様の声 No5-1  シンプルな色使いと開放感のある吹き抜けのある住宅

シンプルな色使いと開放感のある吹き抜けのある住宅

札幌出身のあっこさんご夫妻。リノベーションによるマイホームのきっかけも、住み慣れた土地で子育てをしたい想いからでした。北海道R住宅制度(国土交通省“長期優良住宅先導的モデル事業”で既存住宅の改修・リフォームにおいて、「耐震性」「気密性」の向上を目指し「省エネ」住宅という条件を全て満たす場合に、国から補助が受けられる仕組みです。)を上手に使うことで、シンプルながらも飽きのこない内装の色使いやお子さん達の成長に合わせたお部屋の使い分けなど、所々にこだわりと工夫がされています。何より居心地の良さは家族4人の嬉しそうな笑顔に表れていました

■あっこさんファミリー 築年数 昭和54年新築+昭和62年増築
■お客様のコンセプト シンプルカラーと子育てしやすい開放感のある住宅
■ミキティのレシピ既存のままでも耐震基準がとれて住宅ローン減税等の控除対象になる住宅でしたがやはり最も安心安全なリノベーションの最高峰「北海道R住宅!」でいきましょう!という私達の提案にお客様の合意が得られ見事共同プロジェクトとして実施されました。平成12年度基準の耐震基準に改修、気密性能もQ値2以下という基準を満たし国土交通省からの認定を頂き、お客様に補助金が交付されました。

自分たちが子どもの頃を過ごした土地で子育てを

「主人の転勤であちこち引っ越しをしていましたが、札幌で落ち着ける事になったのでマイホームを考えました」とあっこさん。どうせなら子どもの頃に過ごした場所で子育てをと考え、現在のお住まいの物件を見つけられたそうです。しかし、建物のつくりは一昔前のもので、出入り程度に利用する玄関が南側、対してお風呂や部屋は北向きと寒さが身にしみるような間取りでした。間取りを変えたい事をアクシエさんに相談した所、玄関の位置も動かせると聞き、正直びっくりしましたが、できるのならとお願いしました。元々の間取りは大幅に手が加わり、玄関は北側に移動、玄関のあった南側には採光がたっぷり取れるLDKに生まれ変わりました。

次回につづく・・・・

 
 
 


札幌で中古住宅+リノベーション、住宅ローン、住み替え、二世帯住宅、店舗付住宅、リノベーションに適した物件の事ならアクシエイズム