不動産を売る?貸す?どうする空き家問題??親子のコミュニケーション?貸家は不足?

日経ニュース 家を売る?貸す?直す?どうする空き家問題??

できればこうなる(空き家)前に、高齢者一人暮らしでは
維持が大変な一軒家については、

都市部であろうが、過疎地であろうが関係なく、
売るのか?直して貸すのか?

はたまた身内と同居や譲るのか?
元気なうちに検討して行動に移すことを

おすすめしたいところです。

以前うけたご相談でも、もう少し早く手を打っていれば
買い手がついたかもしれないのに、今は誰も買ってくれない・・・。
そして、壊すのに解体費用だけで100万円以上の出費がかさむ・・。
さらに、新しい法律では、罰金まできそうな気配。
ご近所からの
クレームもあり、泣く泣く取り壊す方向性のようです。
単なる空き家ではないので
なかの
遺品整理などもあり、とてもお金がかかると思います。
そうなるまえに・・・
半年以上使っていない(荷物がはいっていてもです)一軒家がありましたら、
お早めにお近くの不動産会社さんに、ご相談くださいね!

弊社では、札幌市内および近郊については
ご相談承れますのでお気軽にお問い合わせくださいね!
そして、ご家族の方ばかりでなく、所有者ご自身も、

元気なうちから、ご家族への配慮のある
財産の(特に不動産の!!)配分と、その方法について
お近くの不動産やさんにもお尋ねくださいね!不動産は長男長女にに残すべきといった固定概念をとりはらうアイディアもたくさんございます
そして、書類(お手紙)に残しておくことも大切です。
近年は、リノベーションという方法で、若い方が中古住宅を取得するケースが
増えていますので、まずは市場に出す、過疎地であれば
市町村の空き家バンクなど、行政窓口に早めに相談されるとよいと思います。
意外と、過疎地であっても一軒家の貸し家は不足している
ようだと聞いています。

あきらめる前に動いてみましょうね!
そして、ご家族のコミュニケーション
を深めておくことも大切ですね!



札幌で中古住宅+リノベーション、住宅ローン、住み替え、二世帯住宅、店舗付住宅、リノベーションに適した物件の事ならアクシエイズム