隣国中国の不動産開発の裏

みなさん

こんにちわ
今回は隣国中国の不動産開発の裏をちょっとだけお見せします。
みなさんのほとんどは開発したあとの華やかなショッピングモールや
高層オフィスビルしかみたことがないと思いますが
実はそれらをできる前に、関係者以外だれも知らない裏があるのです。

中国では、都市開発に伴い、庶民が暮らしている古いアパートなどを
取り壊して大規模なビルやショッピングセンターを開発する光景が良く
見られますが、最近は立退きの補償金のあまりの少なさに、取り壊し
を拒否して、そこにとどまり続ける人も多く 、各地で デベロッパ、政府
と衝突が起きており、デベロッパーが嫌がらせをするケースもあとを
たちません。

日本でも話題になった立ち退き拒否者への嫌がらせとしては、重慶市
の↓が有名ですが、
  
 

今度は、雲南省の昆明市で、立退きを拒否している家の周りを、
深く掘り下げそこに大量の水を流して住人は家から出る際に、
その「お堀」をわたって出ないといけない状態になっている家が
あるとメディアが報じました。
また、この家は、何者かから家のガラスに弾丸を打ち込まれたこと
もあるようです。
  
  
 

北京にもこんなとこがあります。
  
 
 また補償もなく、強制立ち退きさせられて こういう生活してる人もいる↓↓↓
サバイバル訓練?と思うぐらいの生活環境。
しかし、それでも住み続ける。
絶対屈しない、命捨てるまで という覚悟がないとできないですね。
この精神を日本の営業マンがあれば、日本はもっと強くなりますね 笑
  
  

中国で地上げの被害が深刻化
している。かつての日本と同じだが、
決定的に違うのは、地上げしている
のが民間業者ではなく、政府の役人
たちだということです。

これは本当のザ・チャイナ
恐るべしパワーと力です。

お気軽にお問合せ下さい(^_^)

************************************

下記よりリノベーション・不動産の売却・購入・様々なお悩み相談
お問合せお待ちしております♪ご相談は無料です^^


札幌で中古住宅+リノベーション、住宅ローン、住み替え、二世帯住宅、店舗付住宅、リノベーションに適した物件の事ならアクシエイズム