世界の仰天お墓参り事情。札幌 不動産 リフォーム リノベーション 中古住宅 土地売買

みなさん

こんにちわ。
お盆休みはいかがでしたでしょうか。ゆっくり休めた
のでしょうか。
お盆期間中、ほとんどの日本人はお墓参りに行ってい
ると思います。お花とお線香をもって、おじいちゃん
の好きだったタバコの一本でも供えようか…日本人の
お墓参りはだいたい似た感じですよね。ところがお隣
の国・中国は違います! ご先祖様が窒息してしまいそ
うなほどの供物を供えたら、もちろん相応の見返りを
いただきます。そんな中国のビックリ先祖供養につい
て、これからをご紹介いたします。なかなかユニーク
ですよ。

先祖への供物に映る中国人の価値観「腐敗は
永遠に不滅」

毎年4月に中国では清明節がある。古くからの祭日で
祖の墓参りをする日
だ。

「文革」の時代、それは「封建的迷信」として禁じられ
ていたが、今や「民族の伝統」として復活し盛んになっ
いる。

日本の場合、お盆などで先祖の墓参りをするときは
持っていくのが普通だが、中国では事情が違う。

銅銭をかたどった紙の「冥銭(めいせん)」を先祖の墓
に持ってゆき、燃やすという昔からの習わしがある。
祖があの世でお金に困らないための供え
だ。今は冥銭も
かなり進化して、額面の高い「人民元」や「米ドル」の
市販品が主流となっている。

今年の清明節、「人民元百億元」の冥銭があちこちで
「発行」され、「9800億元」のモノまで出回っている。
日本円にして約19兆円の額面だが、それを「額面通り」
に受け取れれば、ご先祖様(さま)は一気に冥府一の
大金持ちとなろう。

こうした巨額の冥銭に負けないように、「冥府専用の
クレジットカード
」を作って販売する業者もある。利
用金額無制限のゴールデンカードで、先祖はそれを手
に入れれば、冥府での「大富豪生活」を永遠に楽しめ
るわけだ。

冥府での「良い生活」に必要な「贅沢(ぜいたく)
を供え物として持っていく人も多い。もちろん全ては紙
の作り物であるが、最新鋭のiPhoneから運転手付
きの外車
(模型)まで何でもある。

美人の紙人形の背中に「愛人」と書いて先祖に備え
る人もいる。その際、先祖への心遣いから精力剤の
「引換券」を備えるのは普通である。高級別荘
の紙
模型も供え物として大人気である。

大抵はプール付きの豪邸で、中には男女の使用人や
愛人の「第2号、第3号」の紙人形がきちんと備え
られている。先祖は別荘の中で「酒池肉林」の生活
を楽しめる。

このように墓参りをする今の中国人たちは、花の一
束で先祖への気持ちを伝えればよいとは考えていな
い。

ご先祖様を喜ばせるためには、お金はもちろんのこ
と、高級外車も豪邸の別荘も美女の愛人も必要だと
彼らが思っている。もちろんそれは、墓参りをする
人々自身の欲望の反映
であり、現世における彼ら自
身の価値観の投影
でもある。

生きている人たちはお金や高級外車、美女の愛人、
豪邸の別荘を何よりも欲しがっているからこそ、
それらのモノに最高の価値があると思っているか
らこそ、先祖への感謝の気持ちを込めてこのよう
な供えをしているのであろう。

赤裸々な欲望を満足させるモノに最高の価値があ
。これは今の中国人の「普遍的な価値観」なの
である。

人々は先祖に前述のような供え物を捧(ささ)げ
るのにもう一つの思惑がある。先祖に「大富豪の
生活」を提供する見返りとして、今度は自分たち
も先祖からのご加護でこのような生活ができるよ
うになるのを願っているのである

その際、人々と先祖との関係は、お金と高価な贅沢
品を介した一種の「賄賂の収受」と化している。こ
の世で大富豪となるためには、まず党と政府の幹部
に賄
賂を贈って彼らから金もうけのチャンスを与え
てもらうのと同じように、ご先祖様にお金と別荘と
美女をちゃんと供えれば、それらのモノはいずれか
自分たちの手に入ってくるのではないか、という期
待が人々の心にあるのである。

そういう意味では、「腐敗」というのはそもそも
代中国人の価値観の一部
であり、中国流の即物的な
実利主義精神
に深く根ざしているものである。

党と政府の幹部における腐敗の蔓延(まんえん)は、
このような文化的背景があってのことであろう。従
って習近平政権が腐敗の撲滅にいくら力を入れても
、腐敗は撲滅されることはまずない。

中国人の精神と文化を変えない限り腐敗は永遠不
」なのである。

************************************

下記よりリノベーション・不動産の売却・購入・様々なお悩み相談
お問合せお待ちしております♪ご相談は無料です^^


札幌で中古住宅+リノベーション、住宅ローン、住み替え、二世帯住宅、店舗付住宅、リノベーションに適した物件の事ならアクシエイズム