ACT#120 シンプルな色使いと開放感のある吹き抜けのある住宅

札幌出身のあっこさんご夫妻。マイホームのきっかけも、住み慣れた土地で子育てをしたい想いからでした。北海道R住宅制度(国土交通省“長期優良住宅先導的モデル事業”で既存住宅の改修・リフォームにおいて、「耐震性」「気密性」の向上を目指し「省エネ」住宅という条件を全て満たす場合に、国から補助が受けられる仕組みです。)を上手に使うことで、シンプルながらも飽きのこない内装の色使いやお子さん達の成長に合わせたお部屋の使い分けなど、所々にこだわりと工夫がされています。何より居心地の良さは家族4人の嬉しそうな笑顔に表れていました。
お名前 あっこさん
築年数 昭和54年新築+昭和62年増築
お客様のコンセプト シンプルカラーと子育てしやすい開放感のある住宅
ミキティのレシピ 既存のままでも耐震基準がとれて住宅ローン減税等の控除対象になる住宅でしたがやはり最も安心安全なリノベーションの最高峰「北海道R住宅!」でいきましょう!という私達の提案にお客様の合意が得られ見事共同プロジェクトとして実施されました。平成12年度基準の耐震基準に改修、気密性能もQ値2以下という基準を満たし国土交通省からの認定を頂き、お客様に補助金が交付されました。

自分たちが子どもの頃を過ごした土地で子育てを

「主人の転勤であちこち引っ越しをしていましたが、札幌で落ち着ける事になったのでマイホームを考えました」とあっこさん。どうせなら子どもの頃に過ごした場所で子育てをと考え、現在のお住まいの物件を見つけられたそうです。しかし、建物のつくりは一昔前のもので、出入り程度に利用する玄関が南側、対してお風呂や部屋は北向きと寒さが身にしみるような間取りでした。間取りを変えたい事をアクシエさんに相談した所、玄関の位置も動かせると聞き、正直びっくりしましたが、できるのならとお願いしました。元々の間取りは大幅に手が加わり、玄関は北側に移動、玄関のあった南側には採光がたっぷり取れるLDKに生まれ変わりました。

 

シンプルな色使いと機能性を考えた工夫

玄関を入った所から、白とチャコールを基調とした内装のあっこさん宅。この色使いは居間やダイニング、さらには2階の洋室まで統一されています。「内装の色使いは友達の家を見て参考にしました。飽きのこない落ち着いた色づかいを考えた結果、白とチャコールになりました。シンプルかもしれませんが、家具や雑貨を選ぶ時も内装の色に合わせたものが選びやすいですよ」と、色使いはかなり研究されたご様子。実際、玄関はさほど広くは無いとの話でしたが、白い壁と収納の充実で物を置きっぱなしにしない事で玄関はスッキリ広々していました。また、居間の壁にはいくつかの間接照明があり、子どもさん達がお休みになった後、ご夫婦でゆっくりくつろぐ時にも重宝しているそうです。

LDKのこだわりは『吹き抜け』と『カウンターキッチン』

「こだわった所といっても、あまり無いんですよ」と言われつつも、居間の吹き抜けとカウンターキッチンはこだわったそうで「吹き抜けがある事で、開放感と暖かい日差しを居間に取り込めます」とのこと。白い壁との相乗効果で天井がとても高く開放的に見えますし白い壁が外の光を反射するので室内はとても明るいです。さらに2階で遊ぶお子さんの声も吹き抜けがある事で響きやすく、キッチンで食事の支度をしている間もお子さんの様子が伺えるそうです。カウンターキッチンも、カウンター開口部分がやや大きく見えます。カウンター開口部が流しの幅ではなく作業台の端まで取られていますから、1階をほぼ見渡せます。こちらも居間やダイニングで遊ぶお子さんの目に届くようにと配慮されたそう、居間に設けた内階段、カウンターからもよく見えますよ。

子どもさん達の成長にあわせて使うダイニング横の洋室

ダイニング横にある洋室は、お子さんの成長に合わせて様々な使い方を考えているようで「小学校に入学したら、この部屋に勉強机を持ってくる予定です。小さいうちは子ども部屋じゃ勉強しませんよね。ここならキッチンもダイニングのそばなので、机に向かってくれるでしょう。大きくなったら勉強机は2階の子ども部屋に移し、ここは夫の書斎になる予定です(笑)」。ちなみに今は電子ピアノとパソコンが置かれています。子どもの頃にピアノを習っていたあっこさん、そろそろ娘さんにも習わせたいと考えていらっしゃるようです。

こんな所にも、片づけやすい工夫が

2階には子ども部屋が2部屋と寝室がありますが、あっこさんがポイントにあげてくださったのは『本棚』でした。「共用の本棚を2階に設け、大人の本だけでなく子どもの絵本も収納しています。寝るときは、子ども達が読んで欲しい絵本を持ってきて、読み終わると、元の場所に戻してくれます。と、なんとも羨ましいお話でした。次に拝見したのは玄関横に作られた大容量のシューズ棚、扉が無く靴が見える構造です。「靴が丸見えなのは恥ずかしい気もしますが、見えることで子ども達が自分の靴を自分で出し入れしてくれます。子ども達も使いやすそうです」とあっこさん。取材中もお子さんが自分で靴を出し入れしていましたが、きちんと使いこなしていました。

これからの楽しみ方

「お庭でバーベキューをしたいですね」とご主人。あっこさんも「趣味がバーベキューかも」と笑顔で言う程、楽しみにしているようです。とはいえ庭はこれから…。それでも夏場にはバーベキューができるように整備されるそうです。他にも家庭菜園を予定しているようで、お子さんから「トマト」のリクエストが出ていました。「そのうち、友達を呼んでお庭でバーベキューやホームパーティーをしたい」とあっこさんご夫妻、近いうちにそんな日が訪れそうな、ハートフルなご家族でした。


住宅ローン、中古住宅、中古マンション、住み替え、店舗付き住宅、事務所付き住宅、アパート併用住宅、初めての投資物件、リノベーション、オーダーリノベーション、リノベーション済物件、リフォーム、リフォーム済物件、ペットと暮らす、アトリエ、大家族住宅、二世帯住宅、三世帯住宅、リノベーションに適した物件、リノベーションに適した中古住宅、耐震証明、35年住宅ローン、DIYの事ならアクシエイズム