購入希望者が居ても、スムーズに売却できない不動産もある。

古い住宅が、荷物のはいったまま

老朽化して『空き家問題』に発展していく理由のひとつとして、

不動産の名義人が 認知症などの症状などの傾向があるにも関わらず、

そのままにして、時間が経過して、施設や病院に入ったままになって

手入れが行き届かなくなり・・・・という状態になる場合があります。

所有している間、固定資産税や火災保険などがかかったり、

放置ししていると、ご近所から苦情があったりと、大変なものです。

よく、ありがちな考えとして、『相続』になってから売却しようという考えがありますが、

その場合、タイムリミットが10か月と決まっていますので、非常に短期に、安価で手放さざるを得ないというケースになりがちです。

また、相続をうける側は複数になることが多いですが、そのうちの一人でも、『後見人が必要』な状態になると、折角購入者が現れても、スムーズに売却ができません。裁判所の許可が必要になります。

 

『相続』をだまってまつよりも、事前に生前贈与の手続きを行い、

相続時に清算を行う方法もありますので、未使用な状態となっている不動産は

早めに事前準備しておくことが大切となります。

???と思うことは、お問合せくださいね^^

各種専門家と連携して一連の流れのサポートをいたしますのでご安心ください(^-^)


札幌で中古住宅+リノベーション、住宅ローン、住み替え、二世帯住宅、店舗付住宅、リノベーションに適した物件の事ならアクシエイズム