相場が高いときのマンションの上手な購入方法^^

【環境の良い郊外型マンションの事例】

南区川沿のこちらのマンション。

平成初期に新築された郊外型の分譲マンションです。

一戸建てから除雪のない暮らしを望む方、

賃貸マンションでは落ち着かないなという方、

資産として損失の出ない物件希望の方などに

とてもお勧めです。

郊外で一戸建て暮らしだった方にとっては、

大きなおうちのお掃除や、除雪などから解放されつつも、

自然や生活環境にあまり変化なく暮らせるのと、

以外に郊外のマンションは少ないので、使わなくなったときに

売却するとしても、あまり価格下落の影響を受けづらい。。。など。

中古ならではの恩恵が多いのですが、皆さんご存じでしょうか?

 

新築マンションは、登記された時点で新古扱いとなり、

価格がすぐに下落してしまうケースがほとんどです。

(新車と同じですね!)

しかし、30年以上経過した郊外型の中古の場合、

価格が割合に安定しており、

購入金額とした金額と、その後10年以上住んで売却する金額に

あまり差がないので、地下鉄界隈などにこだわらず、

郊外型のマンションを購入するというのも

マンション相場が高い状況の時にはお勧めの選択肢の一つです。

 

もう一つの方法は、賃貸中の物件を購入するという方法があります。

仮に、現在の相場価格が1000万円程度の物件だとしても、

賃貸中の場合、すぐに住んで使用することができないので、

査定金額が安くなります。

こちらは税務署の査定でも同じことが言えます。

一般相場よりも1割~3割くらいは安いと想定されます。

いわゆる『オーナーチェンジ物件(賃貸収入のある物件)』を

購入するという方法です。

 

中古物件で『マイホーム資産づくり』または

『マイホームで損したくない』という方は、

お気軽にお問合せお待ちしております。

ホームーページからのお問合せが便利です^^

それではまたお会いしましょう!

小林ミキティ


札幌で中古住宅+リノベーション、住宅ローン、住み替え、二世帯住宅、店舗付住宅、リノベーションに適した物件の事ならアクシエイズム