不動産を売る?貸す?どうする空き家問題??放置はダメ!

日経ニュース 家を売る?貸す?直す?どうする空き家問題??

空き家になる前に、高齢者一人暮らしで維持が大変な一軒家については、
都市部か、過疎地かに関係なく、売るか?直して貸すか?
身内へ譲渡か?売却か?

できることなら
70代のうちには検討し、準備することを

おすすめしたいところです。

相続になるまで放置という方も多いのが現実ですが、それはあまりお勧めできません。

早く手を打っていれば、住宅に付加価値がついて売却や賃貸できた可能性があったのに、

放置しすぎて今は誰も買ってくれない・・・。

更地にするしかないが解体費用で100万円以上の出費・・。室内の片付けも数十万・・・。

都会の場合、更地需要は多いので、放置して相続後の売却でも

手元にお金が残る可能性も高いですが、

過疎地の場合、更地はそれほどの価値がなく、

コストを差し引くと、お金が持ち出しになる可能性が大です。

罰金やご近所からのクレームも心配ですね。

 

~築年数40年以上であっても、また、リフォーム資金が出せなくても・・・

➊現況のまま売却

→ A 購入者がリノベーションして住む。

→ B 購入者が解体更地にして新築住宅を建てる

➋現況のまま賃貸

→ A 賃借人が自分で手直しする約束で事務所や店舗として貸す

→ B 定期借家契約を用いる

※過疎地でも一軒家の貸家は供給が少ない場合が多いので、需要はあるかもしれません。

➌身内や知人に売却

→ A 売却するが引き続き一緒に住む

→ B 売却して一定期間定期借家契約等を締結し、契約完了後に明け渡す。

❹家族信託

→ 信託契約を結び、一定の状態となった時に明け渡す。

その他、創意工夫で様々な方法がありますので、お元気なうちに

周りのご家族と共に、その先について考えておくことが大切ですね!

 ~最後に~

札幌市内および近郊については、実際にお手伝いもできます。

その他の地域は、アドバイスやサポートができる場合もありますので、

お気軽にお問い合わせくださいね!

 


札幌で中古住宅+リノベーション、住宅ローン、住み替え、二世帯住宅、店舗付住宅、リノベーションに適した物件の事ならアクシエイズム