令和3年度、札幌・江別・帯広は4年連続地価上昇をキープ。全国三大都市は6年ぶりに下落。

北海道地価030418img-418184211

(住宅産業新聞さん第1053号より引用)

国土交通省令和3年1月1日時点の公示価格が発表されました。

 

【全国的には地価下落】

全国の全用途の平均が 4年ぶりに 前年比▲0.5%下落(前年は0.8%上昇でした)。

住宅地は▲0.4%下落

商業地のみでみても、6年ぶりに前年比▲0.8%下落。

三大都市圏は住宅地平均▲0.6%下落、商業地▲1.3%下落。

 

【北海道は上昇】

平均で1.2%上昇(住宅地1.5%上昇、商業地0.6%上昇)

前年比比べると、上り幅や、あがっている範囲は狭くなっているが、上昇は4年連続上昇でキープ。

 

3年連続全国1位 倶知安町字山田   25.0%上昇

2位   北広島市共栄町1丁目 17.7%上昇 のほか

全国ベスト10のうち、7地点が北海道が占めたそうです。

一方で下落住宅地ワースト六位は 岩見沢市栗沢町最上で▲7.5%下落。

商業地 夕張市本町2丁目 ▲7.9%下落。

【札幌市】

札幌市も伸び幅は小さくなっているが、8年連続上昇をキープしています。

住宅地は4.3%上昇(前年度は7.1%上昇)

商業地は2.9%上昇(前年度は10.2%上昇)

区別では、住宅地 白石区5.8%上昇 ついで手稲区5.6%上昇

商業地は厚別区5.8%上昇。

コロナ禍において、全体的な取引件数の減少などによる縮小はあるし、上昇幅も小さくなっているが

引き続き地価は上昇傾向。

北広島市は令和5年のボールパーク開業を核にした雇用増と定住人口が見込まれるそうです。

詳しくは、住宅産業新聞をご覧くださいね!

 

住宅産業新聞会社概要2021年版

 

 

 


札幌で中古住宅+リノベーション、住宅ローン、住み替え、二世帯住宅、店舗付住宅、リノベーションに適した物件の事ならアクシエイズム